仕組みと特徴を紹介ソーシャルギフト

   

誕生日や記念日などにプレゼントをもらって嬉しかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。昨今ではSNSなどを通じて交友関係が広くなっている方も多くいます。それに伴い、そういった方へもプレゼントを贈りたいという要望が存在します。しかし、SNSで通じて知り合った方から住所を聞くというのはプライバシー面の問題もあることから容易なことではありません。実際に会ったことのある方ならともかく、会ったことのない方に住所を聞いたり教えたりするのは危険な感じがする、怪しまれてしまうのではと気が引けるという方ももちろん多いです。
そこで便利なのが近年徐々に注目を集めつつソーシャルギフトサービスです。

贈れるものと贈る仕組みについて

このサービスで贈れるプレゼントは非常に幅が広くなっています。ワインセットや産地直送セット、図書券などを住所を知らない方へ贈ることが出来ます。そのシステムはサービスを行う側によって変わりますが、購入したギフトの引換券をメールなどで相手へと送り、それを相手が店頭で見せることでプレゼントと交換できるというパターンが多いようです。この方法だと直接的に送料が発生するわけでもないので非常に便利と言えます。ただ、このサービスの場合は相手に店頭まで行ってもらう必要があります。
そして、中には送料がかかるものの、配達してもらえるサービスもあります。配達料は送り主が負担できるので受け取る側に迷惑をかける心配もありません。簡単にプレゼントを贈れることから人気となっています。

利用する上で注意しておくべきこと

ソーシャルギフトは便利かつ優れたサービスです。普段SNS上でやり取りしている相手に送るにはまさにうってつけとも言えます。また、SNS上で自分の誕生日を公開している方も少なくなく、贈る日を決めやすいのもメリットです。しかし、贈る相手はある程度認識しあっている方にする必要があります。あまり知らない相手からプレゼントが贈られてくると困らせてしまうこともあるからです。店頭受け取りなど相手側に何らかの行動を取ってもらわないといけない時は、その旨を必ず連絡しておくようにしましょう。
このサービスは贈り主と受け取る側が両方喜んでこそ成り立ちます。贈るタイミングや贈る際のSNS上でのやり取りなどいずれも大切になります。覚えのないプレゼントには注意しておきましょう。